【前髪が割れない方法】乾かし方

ショートヘアとパーマが大好きな高橋ショウタです!

朝起きて一生懸命ブローしたり、アイロンしたりしてもどうしても前髪が割れてしまう。

そんな経験はありませんでしょうか?

もしかしたら日々の扱い方や、そもそもの前髪の作り方が間違っているかもしれません。

前髪が割れる原因

まず前髪が割れる原因ですが、毛根の毛流れが原因です。

髪の毛の癖とは別に生え癖というものがあって、その向きも変えることは出来ません。

正直に言って、割れる前髪を割れないようにしていくのはかなり難しいと思います。

ではどうしたら良いのか?

生えぐせに合わせて切っていく。

それしか方法は無さそうです。

ですがこれは美容師の技量によるものです。

今回はなるべく割れない前髪を作るためにどのような対策を取ったら良いのかを考えていきましょう。

割れないようにするために

日々の髪の扱い方を変えるだけでも少し変わるかも知れないです。

お風呂あがりにすぐに乾かす

髪の毛は乾いた時に形が決まります。

濡れた状態でタオルターバンをしたり、分け目で割れた状態で少しでも乾いてくると、そのまま形がついてしまいます。

一度生えぐせに従って乾いた毛は、何度手直ししようとしても治りません。

潔く根本からしっかり濡らして乾かし直しましょう。

その際に、分かれる所を中心に左右に乾かすようにしてあげて下さい。

上から下に風を当てて前髪を下ろす様に乾かしてあげましょう。

もし、いつもと同じ癖がついてしまう場合はもう一度根本からしっかり濡らしてください。

そして、同じように乾かしてあげるか、

今度はひたすら前に向かってコームなどで方向を整えながら乾かしてあげて、乾いてきたら最後に抑えながら冷風を当ててみて下さい。

あとは、アイロンで毛先の方向性を変えたりとか。

ですが、根元の流れが絶対です。

まとめ

前髪が割れないようにするためには、

  • 割れないように切ってもらう
  • 割れたら濡らして乾かし直す
  • お風呂上がりはなるべく早く乾かす

くせ毛と一緒で生え癖は治らないので、それに合うカット、自宅では乾かし方で解決してあげましょう。

実際に見て前髪が割れにくいようにご提案もできますので、是非ご相談ください!

高橋ショウタ
フリーランス美容師。東京、原宿。ショートヘア、パーマが得意。デザイン性、再現性重視。ファッション、ライフスタイルに合わせておしゃれなショートヘア、パーマを楽しみましょう!
Scroll to top