ジアミンアレルギーとは?

ジアミンとは何か?

ヘアカラーをする際に一度は聞いたことがあるかも知れませんが、大体のカラー剤にこのジアミンが含まれています。

ジアミンとはパラフェニレンジアミンというもので、酸化染毛剤という一般にいうヘアカラー剤に含まれており、着色・発色を向上させる物質です。(酸化染料)

毛髪内部で酸化結合して高分子化して発色するため、髪の内部に定着しやすく色持ちが良いというメリットがあります。

その反面、アレルギーを発症して被れてしまうケースがあります。

かぶれの程度は人それぞれですが、カラーの頻度によっては悪化してしまうケースもあります。

単に染みたり痒くなったりするくらいでしたら、アルカリカラーでも根元を少しだけ空けて施術することもできます。

しかし、ジアミンアレルギーと診断された場合にはアルカリカラーなどの施術が出来ないので、ジアミンの入っていないカラーをするしかないです。(ノンジアミンカラー、ヘアマニキュア、ザクロペインター等)

ただし、地毛を明るくする力が少なかったりなかったりする場合が多いので、やりたいカラーによっては相談が必要かと思われます。

高橋ショウタ
フリーランス美容師。東京、原宿。ショートヘア、パーマが得意。デザイン性、再現性重視。ファッション、ライフスタイルに合わせておしゃれなショートヘア、パーマを楽しみましょう!
Scroll to top