白髪染めと普通のカラーの違い

高橋ショウタです!

最近白髪が増えたからそろそろ白髪染めした方が良いかな?

そう思った時に、白髪染めと普通のカラーの違いを考えたことがありますか?

今回は白髪染めと普通のカラーの違いを書いていこうと思います。

白髪染めもヘアカラーも同じ

早速ですが、白髪染めもヘアカラーも同じ仕組みの酸化染毛剤なんです。

ヘアカラーとは?なんで染まるの?

こちらで書いたように、仕組みとしてはヘアカラーと同じです。

何が違うのか?

白髪とは、老化の減少の一つで、なんらかの理由によってメラニン色素を作れずに生えてくる髪の毛です。

ちゃんとした原因は解明されてないんです。

白髪って他の毛よりも強いですよね?

白髪は研究結果によると、

  • 黒髪よりも太い
  • 黒髪よりも早く伸びる

と言われています。

更に、メラニン色素は水になじみやすい性質があるので、メラニン色素がない白髪は水分が少なくてゴワゴワして強い印象になります。

そのため、白髪を染める為には通常のヘアカラーよりも強い力で染めないと白髪が浮いてしまうのです。

また、白い色に染めた時に黒い髪と馴染むように、元の地毛の色に近いブラウン系が多く含まれています。

普通のカラー剤で染めても白髪が染まらないという事が起こってしまいます。

薬が少し強いことが多い

先ほど言ったように白髪は強くて水になじみにくいので、染まりにくいです。

その為白髪をしっかり染めるために薬も強く作られていることが多いです。

お客様ももちろん白髪を気にして染めに来ているので、染め残しは許されませんからね。

最近は種類が増えてきた

昔は白髪染めと聞くと黒とかダークブラウンくらいしかなかったと思いますが、最近の白髪染めは色のレパートリーが増えました。

白髪が少ないようでしたら、白髪染め以外のカラー剤と混ぜて使ったりすることも出来ます。

ですが、白髪が多くてしっかり染めたい場合には黒に近い色でないと染まらないです。

高橋ショウタ
フリーランス美容師。東京、原宿。ショートヘア、パーマが得意。デザイン性、再現性重視。ファッション、ライフスタイルに合わせておしゃれなショートヘア、パーマを楽しみましょう!
Scroll to top